ヨガ留学

20分で4時間分の睡眠!ヨガニードラとは?【インドネパールにヨガ留学】

こんばんは、旅する心理士ゆうちょ(@yuucho_obake)です!!

今回はヨガニードラについて紹介します。

わたしは昨年末にインド・ネパールとヨガ留学をしていました。そこでヨガの先生に教えてもらったのが「ヨガニードラ」です。

あわせて読みたい
海外で格安ヨガ留学!たった18万円【全米ヨガアライアンス資格取得】こんばんは、旅する心理士ゆうちょ(@yuucho_obake)です!! 私は2018年12月に約3週間ネパールでヨガ留学していまし...

ヨガニードラはリラクゼーション法のひとつです。 シャバーサナと呼ばれる休息のポーズをとりながら行うリラクゼーションで、20分間の実施で4時間分の睡眠に相当するとも言われ、究極のリラクゼーション法として注目を集めています。

✔︎短期間でサクッとリラックスしたい
✔︎最近疲れやすい・・・
✔︎睡眠に悩みがある

こういった方におすすめかなと思います。

気になる方はぜひチェックしてください。

ヨガニードラとは?

ヨガニードラは、究極のリラクゼーションと言われ、夢を見ずに深くリラックスした眠りを得る方法です。

また、ヨガニードラをしている間は眉間に注意を向けます。

眉間のエリアは第三の目と呼ばれる場所で、スピリチュアルしているわけではなく、「松果腺」という脳の部位に相当します。松果腺はメンタルヘルスと関連が深く、松果腺に注意を持ってくると刺激されます。ちなみに松果腺ホルモンはストレスを軽減する効果があるそうです。

また、ヨガニードラは深いリラクセーションが得られるだけでなく、神経や内分泌系の機能を向上し、ホルモンバランスにも影響を与えます。

ヨガニードラの準備は必要?

ヨガニードラはいきなりやっても問題ないそうです。

ただし、当たり前のことですが(わたしは出来ていないw)、適度な運動を毎日実施して、健康を保つことが重要とのことです。運動はヨガの太陽礼拝、ランニング、柔軟体操など何でも良いそうです。

ヨガ二ードラを行う際は、快適な環境が良いと言います。頭の下に枕を敷いたり、腰の下にクッションを入れたり、肌寒い時はブランケットもおすすめです。

また、今回のヨガニードラの目的を考えることも大切とのことです。リラックスする、休む、感覚や気持ちや考えに気づくなど何でも良いそうです。

慣れないうちはガイド付きのヨガニードラがおすすめと先生から紹介された動画をシェアします👇

https://youtu.be/jPTRzOxmbZ8

 

 

ヨガニードラの手順

心と体から緊張を解く

まずは、ヨガのポーズ、呼吸法、瞑想などを行い、心と体から緊張やストレスを取り除きます。

シャヴァーサナのポーズ

シャヴァーサナ(横たわったポーズ)を取り、10分ほど休みます。

腕は体のワキに軽く伸ばして置きます。手のひらは広げるでも握るでもない状態で、天井に向けます。足も力を入れずに伸ばし、肩幅かそれよりもやや広めにします。

そのままヨガニードラに入ることになります。この時に、頭の下にクッションを入れたり、リラックスできるように工夫します。

体が床に沈むのを感じる

準備が整ったら、体全体が床に沈んでいくのを感じます。

呼吸は深くて静かな呼吸を意識し、息を吐くたびに、体が深く沈んで行きます。

深く、夢のない眠りに落ちていくのを見つめているような気持ちです。

全身の力を抜く

頭のてっぺんから後頭部、額や眉間、目、耳、ほほ、舌、喉、首すじ、肩と上から順番に力を向いていきます。

何となくではなく、ひとつひとつ丁寧に細かく意識いして力を抜いていきます。

続いて、鎖骨、腕、手首、手のひら、指先、胸、肺、横隔膜、お腹、丹田、腰、お尻、太もも、膝、ふくらはぎ、足首、かかと、足の裏、足の甲、つま先と力を抜いて全身を終えます。

呼吸に意識を向ける

静かに自然呼吸を続けます。呼吸に意識を向けます。酸素が体全体に行き渡るのを感じます。

気持ちや体の感覚に気づく

自分の気持ちに気づき、これは良い悪いとジャッジしたり、それがネガティブなものでも、気持ちを変えようととせず、気持ちや体の感覚を受け入れる。

自分の中を探っていくと、いろんな気持ちが同時に存在するかもしれません。

考えに気づく

考えや記憶、イメージにも気づき、そのまま受け入れます。考えも良い悪いとジャッジしたり変えようとせずそのまま観察する。

自分の中を探ると、ひとつの考えだけではなく、反対の考えや経験もあるかもしれません。それをすべてそのまま「そうゆう考えがあるんだな」と観察し、受け入れます。「ある」という事実を受け止めるイメージです。

日常と関連づける

いろんな気持ちや考えを、日々の生活に合わせるのをイメージします。良い時も悪い時もあります。いろんなことがあります。それを、いつもの落ち着いたときの感覚と結びつけていきます。

そして、日常に戻っていきます。

 

手順はこれだけです。

そのまま寝てしまう場合もあるかもしれませんが、その良し悪しは先生によって意見が分かれるようです。

わたしは寝てしまいます。しかし、かなり疲れが取れますw

 

本日は以上となります。

それではー!