タイ

バンコク旅行!タイの地獄寺「ワットパイロンウア」に自分で行く方法

こんばんは、旅する心理士ゆうちょ(@yuucho_obake)です!!

バンコクに遊びに来た友人と地獄寺「ワットパイロンウア」に行ってきました。たしか奇界遺産で地獄寺を見かけ、いつか行きたいと思っていた場所でした。

遠くてやめたいなと思いましたが、友人が強く希望していたので、頑張って行ってきました。

感想としては、バンコクの寺でいちばん好きかも。地獄ゾーンだけじゃなく天国ゾーンもあるし、屋台は安くて美味しいし、タイパンツが激安。地元っ子ばかりだから物価も安い。

おすすめすぎるので、体験をシェアします。

地獄寺「ワットパイロンウア」とは?

かなり巨大なお寺です。メインの寺院の周りに、地獄ゾーンと、大量の仏様がいる天国ゾーンがあります。寺の周囲には巨大な屋台通りや、30円ショップ、ミニ遊園地などあり、家族連れなどタイ人で賑わっていました。

入場料は無料です。

地獄寺「ワットパイロンウア」へのアクセス方法

タクシーで行く

往路はタクシーで行きました。しかし、運転手が別のお寺と勘違いして、変なところに連れて行かれたため3時間近くかかりました。

お値段は700バーツ(2400円)

バスで行く

帰りは、バスで帰りました。だいたい1時間半ほどかかり、お値段は45バーツです。

往路:南バスターミナルから出発68番バス。

復路:ワットパイローンウアの前にあるバス停👇

1時間に1本という噂でしたが、バスを待つこと1時間ちょい後くらいにやってきました。

乗り込みます。

お金はバスの中で。南バスターミナルまで行かず、Khlong Bang Phai駅で下車しMRTで帰りました。

地獄寺「ワットパイロンウア」の様子を紹介

エントランスの様子です。

まーっすぐ進み、左手に曲がったところが地獄ゾーンです。

かなり広大な土地で大きな川も流れています。

名物の巨大なやつ。

オスメスで、水玉模様かと思いきや、血でした。

鳥葬なのかな。地獄絵図ですが、どこかファニーです。

針山地獄です。

はい。

動物の顔した人がお祈りしています。

手足がビヨーンと伸びた人が並んでいます。

一人だけ顔が巨大です。

こんな風に地獄ゾーンは意外と広く、ゆっくりと見て回るとかなりの時間が経ってしまいます。

長くなったので明日は天国ゾーンや屋台を紹介します👇

それでは!