タイ

タイ旅行!おすすめのsimカード「true vs DTAC」

こんばんは、旅する心理士ゆうちょ(@yuucho_obake)です!!

現在の旅にインターネットは欠かせないものです。

特にはじめて行く国やひとり旅だと余計に必要となってきます。

今回のバンコク旅行では、日本のamazonで購入したsimカードと、現地の空港で購入したsimカードをそれぞれ使用して比較しました。

これからタイ旅行を考えている方は是非参考にしてください。

タイのsimカードとは?

日本のキャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)のようにタイには、『DTAC』『AIS』『TrueMove H』と3つのキャリアがあります。

今回は、True Move HとDTACを使用したので、ご紹介して行きます。

True Move HとDTACどっちが良いの?

タイに2週間ほどいたので、前半はDITAC、後半はTRUE を使用しました。インターネットの使用した感触はどちらの変わらずです。ネットに繋がらず困ったことはありませんでした。

結論から言いますと、

amazonでTrue Move Hを購入したの方が圧倒的に安かったです。

お値段はDITACの半額ほど。8日で2.5GBを超えると速度制限がかかりますが、普通に旅行している分には滅多に超えないと思います。ホテルもゲストハウスもほとんどのカフェもwi-hiが飛んでいることを考えると、DITACの8.5GBは不要かなと思います。

ただし、自分でスマホに入れて設定が必要です。

自分でやるのが不安だ、スタッフさんにやってほしいという場合は、空港のカウンターを利用し、お金で安心を買うのもありです。

 

amazonでTrue Move Hを購入

amazonで購入したsimカード。お値段は470円でした。

8日間使用でき、通信量は2.5GBを超えると速度制限がかかります。100分の通話もついています。

 

パッケージを開けると、こんな風にsimカードが入っています。

 

自分でスマホに差し込めばOK。

amazonで購入した場合、操作法方法の手順が日本語で添付されているので、特に問題はなかったです。

注意点

日本国内で試しにスマホに差し込んではダメです。必ず、タイ国内で電波が入るところで差し込んでください。

スワンナプーム国際空港でDITAC simカードを購入

今度はスワンナプーム国際空港でDITACのsimカードを購入しました。

DTACの店舗の左側にはTourist SIMを購入できる自販機が設置されています。

しかし、なぜか使用できなかったので、窓口に並びました。

スタッフが多いので数分で案内され、手続きもスムーズ。sim挿入や設定も全てやってくれて楽チンでした。

8day 8.5GB 299Bのsimカードを購入しました。日本円では1000円ほどです。

DTACのsimカードもamazonで購入可能です。しかし、同じ条件でこちらの方が少し高いので事前購入するならtrueのsimカードで良いかなと思います。

 

また、今回は使用していませんが、AISもamazonで購入可能です。今度はこちらを試そうかな。それでは!