ネパール

ネパール旅行で民族衣装サリーを購入&ブラウス(チョリ)をオーダーメイド

こんばんは、旅する心理士ゆうちょ(@yuucho_obake)です!!

本日はネパール旅行で民族衣装サリーブラウスをオーダーメイドしたお話をします。

サリーとは?

まず、サリーとは何でしょうか?

“ゆうちょ”
“ゆうちょ”
ネパールの民族衣装です

サリー(ヒンドゥスターニー語:sāṛī)は、インド・ネパール・スリランカ・バングラデシュ・パキスタンなど南アジア地域の女性が着用する民族衣装である。

by wiki

わたしは民族衣装好きなので、海外に行くと大抵その国の民族衣装を購入しています。

サリーをオーダーメイドするとは?

サリーは細長い布です。だいたい5mくらいあるとか、ないとか。

着用の仕方は、下にペチコートスカートをはき、その上にサリー布をぐるぐると巻きつけて、端っこの方は肩の上まで持ってきます。

その際にトップスに着るのがサリーブラウス(チョリ)です。

このサリーブラウスは、サリー布の端っこから作ります。サリー布の端っこから、身体のサイズ位合わせてチョリを作ることで、デザインの一貫性が生まれます。

全く違うトップスを合わせても良いですが、人組はセットで持っていたいなと思い、オーダーメイドすることにしました。

サリーはどこで買えるの?

だいたいこのラッシー屋さん付近はサリー布のお店が多くひしめきあうエリアです。 地元の人が多く、活気にあふれています。

サリーの布がたくさん並んでいるお店に入り、予算や希望のデザイン、色などを伝えて、サリー布を購入すると、合わせてサリーブラウスも作成してくれます。

お値段はピンキリで、1000円代の安価なものから、何万円のものまであります。わたしの赤いサリーは4000円でした。

所要時間は2〜3日ほどが多いようです。

サリー布はあるけど、ブラウスだけ作りたい

はい、今回はこちらのパターンでした。前回のネパール旅行でサリー布を購入したけど、時間がなくてブラウスは作成できず。

せっかくなので、手持ちのサリーからブラウス(チョリ)を作成してもらいました。

ブラウスだけ作りたい!という場合は、テーラーショップに行けばOKです。

わたしが行った場所はこちら👇

google mapになかったですが、だいたいこの辺りです。

お値段は少し高いかなと思いましたが、相場がわからないので値切らずにオーダーです。

サリーブラウス(チョリ)と合わせて、サリーを着やすいように端っこに布を縫い付け重石にする加工もやってくれました。

こんな感じです。特に何も言わないとパツンパツンに仕上がります。

街のサリーを着ている女性を見てもみんなパツンパツンだと思います。パツンパツンがデフォです。

多少の裁縫の甘さはありますが、個人的には満足いく仕上がりでした。

 

ご参考になれば幸いです。それでは。