インド

【インド旅行】インドの不思議な食べものたち

こんばんは、旅する心理士ゆうちょ(@yuucho_obake)です!

日本とは文化が大きく異なるインド。
わたしの感覚では理解できない、不思議な食べものにたくさん出会いました。

好き嫌いは個人差があると思うので、もしかしたら誰かのお口には合うかもしれない。
でも、わたし的にはもう食べたくないものたちです。

しかし、インドの知り合いに聞くと、どれもインド人にとっては身近で人気な食べ物なんだそうです。不思議、不思議。

怖いもの見たさでチャレンジするも良し、危険を避けていただくのも良し、気になる方はチェックしてみてください!!

 

 

グラブジャムン

世界一甘いと言われるインドのスイーツ、グラブジャムン
写真の左上の色が濃いやつです。

デリーの路上に売っているのを見かけて、なぜか果物だと思い購入。前知識なしで食べたので、その甘さは衝撃。
パンをめちゃめちゃ甘い液体に浸けて、そのまま忘れていましたという味。

作り方は、シンプル。小麦粉と砂糖、ミルクを合わせた生地をまん丸にして油で揚げ、シロップに漬けるだけ。とりあえず、ハイカロリーなことは間違いない。

もう二度と食べることはないだろうと思っていたのに、チェンナイの飲食店で勝手に店員に盛られて再登場。
全部、食べられない・・・

 

バター茶

バター茶はチベットの代表的な飲み物です。

茶って着くので、なんとなくチャイを想像していましたが、全然違った・・・

作り方は、お茶の中にバター、塩と牛乳を入れ、撹拌します。高地生活で不足するビタミン、脂肪分、蛋白質などを補うための栄養源にもなる実用的なもの。

塩入りバターをお湯で溶かしたような味で、お茶の味わいはほとんど感じず。
行ったお店が悪かったのか、食文化の違いなのか・・・

 

 

ライムソーダ

路上で売っている気になるやつ。

インドではライムソーダーがよく売られています。レッドフォート周辺の路上では、ライムソーダーに得体の知れない草を加えたドリンクが売っていました。

見るからにやばそうなバケツに草がてんこ盛り。
振り返ると、よく挑戦したなーとか思いますが、現地にいると「あ、なんか売ってる、買おう」くらいの自然な流れなんですよね。感覚が麻痺しているのか。溶け込んでいるのか。

見た目は青汁。味は青汁にライムソーダーを加えたような味。後味は苦く、なぜか舌がビリビリします。

ちなみに、このあと蕁麻疹出ました。

体にも反応が出る恐ろしい飲み物。
これはやめた方が安心かもしれないです・・・

 

ラジ・カチョリ

これはインドのファーストフードで購入したもの。

インド人にとってかなり身近な食べ物のようですが、これは前菜なのかメインなのか、はたまたスイーツなのか、ポジションがまず分からない味はもっと意味が分からない

 

パリパリした丸いボールのようなものに、ヨーグルト、コリアンダーチャツネ、ポテトのフィリングなどを入れ、その上にヨーグルトや得体の知れないソース、スナックがかかっています。

 

ヨーグルトの酸味、コリアンダーチャツネの味、ポテトの甘さなどが混ざり合い、さらに食感もパリパリしてたり、柔らかかったり、混沌そのもの。バラバラに違う方向を向いた食材が、ただそこに居て強い存在感を放つ。統一感も一体感もない。見た目も怖いし、味も怖い。

なんだか散々な書きようですが、もしかしたらこのカオス具合はインドそのものなのか・・・も・・・

 

以上、インドの不思議な食べものたちでした。
やっぱり文化が違えば、食文化も大きく変わります。日本ではまだまだマイナーなインド料理もたくさんある様子。知らないものを知るってのは楽しみでもあります。

得体の知れないものにはチャレンジする方なので、また変なものを発見したらレポートします!

それでは、最後にインド旅行に欠かせない基本アイテムを紹介します。

 

インド旅行の航空券なら👇
わたしがよく利用するfreebirdがオススメ。値段も安く、対応もしっかりしている印象。

インド旅行のホテルならこちら👇

 

わたしがジーニアス会員(毎回10%OFF)になったbookig.com。数回利用してジーニアス会員になるとレイトチェックアウトなどのサービスが付くことも。お得です。

 



Booking.com

 

航空券とセットでお得なエクスペディアを利用することもあります。

 

 

サイトは見にくいけど、お得なホテルがたくさんあるagodaもオススメ。
それでは、みなさま、よい旅を。