ヨガ留学

OSHO TAPOVAN ダイナミックメディテーションとは?

こんばんは、旅する心理士ゆうちょ(@yuucho_obake)です!!

本日はだいぶマニアックな内容となっていますw

瞑想は瞑想でも特殊な瞑想についてなので、興味がない方はそっと画面を閉じてください。

今回、ご紹介するのは「ダイナミックメディテーション」という瞑想法です。

瞑想といえば、座禅組んで、手を印を作って、静かに呼吸や身体に目を向ける・・・と思っている方が多いかと思います。ダイナミックメディテーションは、ヘトヘトになります。

それでは、実際にどんな瞑想法なのかご紹介したいと思います。

ダイナミックメディテーションとは?

OSHOさんによる瞑想法のようです。

OSHO DYNAMIC MEDITATION

OSHOさんは、インドの宗教家です。アメリカでコミューンを作ったり、世界中を回ったりもしていたそうです。

わたしの日本人の友人から以前にOSHOさんの本を勧められたことがありました。

一緒にダイナミックメディテーションに参加したアメリカ人は、「この瞑想法は好きだけど、OSHOは好きではない」と言ってました。引率してくれたネパール人は、彼の考え方は保守的なネパールにはあまりなじまないと言ってました。

わたしはまだ本を読んでいないので、何とも言えませんが、女性関係が奔放な方だったようです。

それでも、ダイナミックメディテーションができるネパールの施設は人で溢れていたし、世界中に施設があることから、魅力的な人であることには違いないのかなと思います。

OSHO TAPOVAN inネパール

わたしが参加したのは、ネパールのOSHO TAPOVANという施設です。ヨガアライアンスの資格を取るためにヨガ留学中だった際に、遠足として半日だけ参加しました。

あわせて読みたい
ヨガ留学の内容を紹介します【ネパールで全米ヨガアライアンス資格取得】こんばんは、旅する心理士ゆうちょ(@yuucho_obake)です!! 私は2018年12月に約3週間ネパールでヨガ留学していまし...

※検索すると日本にもあるようですが、同じ内容なのかは確認していないです。一緒に参加したアメリカ人は、母国でもダイナミックメディテーションを受けたけど、ネパールの方が好きと言っていて、内容は少し異なっていたようです。

ダイナミックメディテーションの注意点

✔︎朝が良い

✔︎目をつぶってやる

✔︎空腹な状態で

✔︎ルーズな服装で

✔︎向き不向きがある

ダイナミックメディテーションの内容

ダイナミックメディテーションは5つのステージから成り立ちます。

ステージに合わせた音楽が鳴るので、音楽が切り替わったら、次のステージの合図になります。そして、長いです。なんとかなりますが、結構へとへとになりました。

1stステージ(10分): カオスな呼吸

なるべく早くなるべく激しく呼吸をします。吐く方に意識を集中します。

みなさんは、手のひらを頭の後ろに当てて、肘を寄せる際に強く息を吐き出すよう呼吸していました。肘を大きく動かし、呼吸の音が響き渡るようなイメージです。

2ndステージ(10分): カタルシス

身体の赴くまま、気持ちの赴くままに、全ての感情を何でも表現します。

みなさんは、怒っている人が多くて、空中をパンチしたり、蹴ったり、座布団を床に打ち付けていました。他にも泣き叫ぶひと、大笑いするひと、、、正直、かなりびっくりしました。



3rdステージ(10分): クンダリニを呼び覚ます

ウェイクアップ!クンダリーニ!

クンダリニー(Kundalini, कुण्डलिनी, kuṇḍalinī)は、人体内に存在する根源的生命エネルギー。宇宙に遍満する根源的エネルギーであるプラーナの、人体内における名称。wikiより。

個人的にはクンダリニがよく分からないですw

手を高くあげて、ジャンプしながら「ホー」「ホー」とマントラを唱え続けるものです。腕を下ろしていると注意されますw

4thステージ(15分): 静止

ここで今までの音楽が突然STOPします。

それに合わせて、自分の身体もフリーズします。死んだ状態らしいです。手を挙げていたら、手を挙げたまま。微動だにせず、そのままフリーズです。

※手を挙げていた人は静かに下ろしていました。

5thステージ(15分): 祝福のダンス

最後はダンスでお祝いします。思うままに踊ります。

はい、ダイナミックメディテーションの流れは以上になります。

ダイナミックメディテーションの感想

終わったあとは、疲れもあり、虚脱。なんだか、スッキリしたような、頭の中が空っぽのようなフラットな気持ちでした。

そして、頭が痛いというか、眉間に何か集まっている感覚でした。

正直、良く分からない体験でしたが、アメリカ人は絶賛、オーストラリア人は「何これ」と怒ってました。

うーん、好き嫌いが分かれるかなという印象です。わたしは好きでも嫌いでもないです。

 

今日はちょっとマニアックな内容になってしまいました。

それでは、また明日ー!