ネパール

ネパール世界遺産パシュパティナートの行き方まとめ「生と死が交錯する」

こんばんは、旅する心理士ゆうちょ(@yuucho_obake)です!!

本日はカトマンズにあるヒンドゥー教寺院「パシュパティナート」について紹介いたします。

タメル地区と空港の真ん中辺りにあり、空港の行き帰りに立ち寄ることも可能です。

今回は行き方や見所、裏道情報まで紹介していきたいと思います。

パシュパティナートとは

パシュパティナートはシヴァ神を祀るネパール最大のヒンドゥー教寺院です。

 

ガンジス川の支流であり、聖なる川とされているバグマティ川の川岸に建つパシュパティナート寺院は、ヒンズー教徒の火葬場があることでも有名です。

川沿いで火葬している様子を私たち旅行者も見学することができます。

パシュパティナート寺院内にはヒンドゥー教徒しか入れませんが、火葬場や周辺寺院など、散策エリアは意外と広いです。

生と死が交錯する空間。日本とは違った死生観。ネパールの文化に触れられる貴重な場所です。

パシュパティナートの開場時間、入場料、所要時間

開場時間

開門: 朝4時

閉門: 夜7~9時頃

夜にはヒンドゥー教のお祈りの儀式プジャーが開催されることもあります。6年前に見学しましたが、夜は寒かったので暖かい上着を持っていくことをおすすめします。そして、ものすごい人でした。

入場料

1,000ルピー
値段高すぎです。

所要時間

1時間〜2時間

パシュパティナートの行き方

徒歩

タメル地区から1時間以上かかり、ものすごく疲れたのであまりおすすめしません。

空港からなら徒歩20分程度です。

タクシー

ネパール人と一緒に乗車したときは350ルピーでした。
所要時間は約30分です。

おそらく旅行客が350ルピーで行くのは難しいかなと思います。400ルピーから500ルピーくらいで行きたいところです。

バス

バスというかミニバンのようなものを利用しました。
タメル地区の東側ラーニ・ポカリの北側の通りで、映画館の前辺りから出ています。

値段は失念しましたが、20ルピー前後だった記憶です。

タメル地区からバス乗り場まで歩くのと、GPSで降りる位置を確認する手間があります。

パシュパティナート

おそらく最大の目玉な火葬場かと思います。

川沿いで遺体が燃やされています。大量の花もあります。それを静かに眺める人たち。

川の上流エリア

個人的な穴場スポットは火葬場より川の上流に上っていったエリアです。

人が少ないのと、謎の洞窟があります。以前は洞窟の中からサドゥーたちの祈りが聞こえてきたこともありました。

老人ホーム

今回の目的のひとつは老人ホームを訪問することでした。

火葬場の隣に老人ホームがあるってすごいなと思いつつ、中を見学させていただきました。

お寺の周りに老人が暮らすお部屋がぐるっと囲んでいる構造です。

 

ゴミの公園

パシュパティナートへの裏道に行くには公園を横切るのですが、その公園がものすごいゴミだらけになっていました。

こんなにゴミだらけなのに大量のネパール人がピクニックをしていて衝撃です。

パシュパティナートへの裏道

裏道を確認しましたが、ちゃんとチケットは購入しています。

ネパールの復興のためにもチケットは購入しましょうw