中国

中国旅行*雲南省の麗江古城のおすすめ観光&グルメ情報

こんばんは、旅する心理士ゆうちょ(@yuucho_obake)です!!

今回も中国雲南省にある麗江について紹介します。

麗江はナシ族という民族が作った街で、美しい町並みの麗江古城は世界遺産になっています。

古い瓦の建物の写真をインスタで見かけて、ここは絶対に行きたいと無理やり東チベット旅行にくっつけました。

昨日は麗江の行き方やホテル情報をお届けしました👇

あわせて読みたい
中国旅行*雲南省の麗江古城の行き方とおすすめホテル情報こんばんは、旅する心理士ゆうちょ(@yuucho_obake)です!! 今回は中国雲南省にある麗江について紹介します。 麗江...

本日は観光情報をお届けします。

麗江おすすめ観光情報

麗江古城

まずはほとんどの方が麗江に来る目的だと思いますが、麗江古城になります。

麗江古城といっても、かなり範囲が広く、古い町並みが残る街全体を指しています。

その中でエリアが別れていたり、名所となる建物が建っています。

飲食店やお土産屋さんも多く、フォトジェニックなスポットも多く、街をぷらぷらしているだけで楽しいです。

夜はまた違った顔を見せるので、昼と夜両方に散歩するのがおすすめです。

お土産はカラフルな小物が多く、バラマキできそうな女子受けアイテムにあふれています。

獅子山公園

こちらは麗江古城内の丘の上にある公園で大きなお寺が建っています。

有料なので、人が少なく建物も美しい。そして、古城を一望できるのでおすすめです。

木府

こちらも見所のひとつ。獅子山公園の麓にあるお寺です。

夕方は早めに閉まるので注意です。

中はかなり広い敷地で、中国語ツアーが頻繁に開催されています

みんなぞろぞろと係員に説明を受けて見て回ってますが、まったく分からないので単独行動していました。

麗江古城も観光地ですが、庶民が暮らすようなローカルなエリアもあります。

うっかりしていると肉市場に入ってしまいます。

束河古鎮

麗江の観光地は麗江古城だけではありません。

麗江古城はしっかりと観光地化されているので、もう少し素朴な街並みが見たいときは束河古鎮がおすすめです。

まったく想定外でしたが入場料もかかりました。
たしか30元だったと思います。

行きはタクシーでメーターで行ってもらったら35元もしました。

574円なので今振り返れば全然良いと思うのですが、旅行中のケチモードだったし、バスが1元だと思うとあり得ない値段です。

というわけで、帰りはバス。束河路口からバスに乗りました。

ホテルやどこから乗るかにもよりますが、6番と11番バスに乗れば束河路口に行けます

わたしはエアポートバスに乗りたかったので福彗市場で降りました

四方街あたりがいちばん賑わっているところで、奥の方がより素朴な街並みが残っていました。

麗江古城のグルメ情報

続きましたグルメ情報です。

辛い串

1串2から3元で、お肉から野菜まで、いろいろな串があります。

自分で取るのも楽しいですし、辛いですけど美味しかったです。

ヨーグルトアイス

ヨーグルトアイスは何店舗か見かけました。東南アジアによくある、ヨーグルトアイスにフルーツをトッピングするタイプ。

これは中国関係ないけど、ほんとうに美味しかった。すっきりさっぱりしてておすすめです。

カフェ情報 萌香

麗江古城で珍しい落ち着いたカフェでした。

お値段はちょっと高めですが、おしゃれだし、落ち着いてるし、何より猫がかわいいです。

インターコンチネンタル麗江周辺にもおしゃれなカフェがありました。

嘉貨鮮花餅

これは麗江名物と思われるおまんじゅうです。これを爆買いしている方がたくさんいたので、きっと有名なのでしょう。

たしかに美味しかった。

中の餡はいろいろな種類がありました。

束河古鎮のグルメ情報

束河古鎮もいろいろなグルメがあります。

カフェ

古鎮に流れる川沿いにカフェが並んでいます。

川沿いだからお値段高めでしたが、ゆったりできました。

豆花

台湾名物な気もしますが、豆花も売ってました。汁が多めですが、ちゃんと豆花です。15元だったかな。

 

麗江空港グルメ

おまけですが、中国でよく見かけるdicosというファーストフードのお店です。

ケンタッキーに近いのかなと思いますが、チキン押しでハンバーガーもありました。

衣がさくっさくで意外と美味しくてびっくり。中国に行ったらまた食べたいなと思います。

次は成都の記事になるかなと思います。

それでは、また明日ー!