タイ

バンコク旅行!おすすめのカオソーイ店を紹介【カレーラーメン】

こんばんは、旅する心理士ゆうちょ(@yuucho_obake)です!!

今回はバンコクおすすめのカオソーイについて紹介します。

カオソーイは、チェンマイをはじめとするタイ北部と、ルアンパバーンをはじめとするラオス北部で広く食べられている麺料理です。

ココナッツミルクを使ったカレースープに、茹でた麺や鶏肉などの具材が入り、上に揚げた麺とパクチーがトッピングされたものです。

これが、尋常じゃなく美味しくて、初めて新宿三丁目で食べて以来すっかりとりこ。バンコクでカオソーイを食べようと人気店を訪問しました。

カオソーイ人気店 ongtong

Ongtong Khaosoiは、バンコクのAri駅のそばにあります。
営業時間は10:30-20:30とのこと。

Ongtong Khaosoiは地元民で行列

お昼時にふらりと行きましたが長蛇の列です。カオソーイはバンコク市民にも人気のようで地元民で賑わっていました。

日本在住のタイ人の友人に聞いたところ、やはり有名店とのこと。

Ongtong Khaosoiのメニュー

よく分からないけど、左上がオーソドックスなカオソーイだと思われます。
79バーツなので300円弱です。

注文票みたいなものを渡され、そこに記入するスタイルです。

はい。大好きなタイミルクティも合わせて注文です。

タイのミルクティは甘くってオレンジ色。

これが大好き。

カオソーイはこちら。

コクのあるカレースープに、茹でた麺が入っています。横にはおっきなチキン。上には揚げた麺とパクチー。

有名店だけあって美味しかったです。

Ari駅にはもう1店舗カオソーイの人気店が!

Ari駅にはもう1店舗カオソーイの有名店があります。

評価がめちゃめちゃ高い・・・!

しかし、

こちらは年末年始なのでお休みでした。次回はこちらをリベンジしたいです。

 

それでは!