カンボジア

カンボジア・プノンペン旅行!日帰りで古都ウドンへ!行き方・費用まとめ

こんばんは、旅する心理士ゆうちょ(@yuucho_obake)です!!

今年はカンボジアのプノンペンに行ってきました。

プノンペンはあまり観光地はないので、プノンペンから近い古都ウドンに行き、お寺や遺跡、ローカルな屋台を観光しました。

ウドンはカンボジアの原風景を楽しめるオススメのスポットなので情報をシェアしたいと覆います。

古都ウドンとは?

ウドンは、カンボジア中部にある小さな街です。1618年から1866年までカンボジアの首都があった場所で、プノンペンの北西約40kmにあります。

ウドン山の山頂にお寺や仏塔が残っています。ウドンの街が見渡せ、山の麓には屋台やお土産屋さんが並びます。

旅行客はほとんどおらず、カンボジア地元民で賑わっています。ウドン山の周辺はガチ集落なので、眺めているだけでもカンボジアローカルの暮らしが見れて興味深いです。

また、本当かは分かりませんが、日本のうどんは古都ウドンだった説があります。江戸時代にカンボジアにきた日本人が、ウドン周辺で見た麺料理を日本に持ち帰り「うどん」と名付けられたとか。

真偽は不明ですがうどん好きとして行ってきました。

ウドン山への行き方

ウドンの町です。

ウドンの町からウドン山は少し離れています。今回は時間がなかったので山だけ行ってきました。

トゥクトゥクチャーター

首都プノンペンからトゥクトゥクをチャーターしました。所要はだいたい1時間半くらい。値段は言い値40ドル最終的に35ドルで決めましたが、帰りにドライバーが手袋を無くして半泣きだったので40ドル渡しました。往復40ドル前後。

ローカルバス

私はトゥクトゥクで行きましたが、ローカルバスで行く方法もあります。ネットの情報ですが、「ソリアバスターミナル」からウドン行きの早朝のバスが出ているそうです。値段は4ドル。

しかし、ウドン山やウドン町が終点のバスではないので、途中で降ろされるようです。そこから3キロほど歩くか、トゥクトゥクを捕まえるか等、一手間あります。また、帰りのミニバンも存在するようですが、詳細は不明でした。プノンペンとウドンの間を走る幹線道路のどこかで拾えるようです。

ウドン山までの道のり

前半はカンボジアとウドンを結ぶ太い道路を進み、後半はこんな田舎道を進みます。前半は水田みたいなものが多かったです。

ウドン山に着くと、こーんな長い階段があります。

てっぺんまで登ると美しい仏塔や大きな仏像がいるお寺などがあります。

 

ウドンの町を眺められます。景色は良いし観光客も少ないです。

のどかですね。

ウドン山の麓はローカル屋台

山の麓には屋台がたくさん並んでいます。

プノンペンの町にある屋台よりローカル度は高く、自然に近い食材が自然に近い形で調理されています。

こちらは甘しょっぱいタレがかかったカマボコのようなものを笹に包んで焼いたもの。1つ3円だったかな。美味しかった。

お土産屋さんっぽいのもあります。屋台エリアも広いのでじっくり見たら時間があっというまです。

そういえば、トイレは最悪なので、女性は行かない方が無難です。あれが女性用か男性用か不明ですが、扉はないし、屋台から丸見えです。それ以外にトイレがなかったので我慢しました。

それでは。