心理学コラム

ブレインストーミングを自分ひとりでやろう【アイディアが出ない時に】

こんばんは、旅する心理士ゆうちょ(@yuucho_obake)です!!

久しぶりに心理学について書きます。本日はブレインストーミングのご紹介です。

ブレインストーミングとは、アレックス・F・オズボーンが考えたもので、集団思考、集団発想法などとも呼ばれます。

created by Rinker
¥864
(2019/08/23 01:07:09時点 Amazon調べ-詳細)

本来は、複数人で取り組むものですが、ひとりでもやれます。アイディアをたくさん出したり、困りごとの解決法を探りたい時にも便利です。

✔︎なかなかブログのアイディアが出ないな。
✔︎柔軟な思考が欲しいな
✔︎頭のストレッチしたいな

といった時におすすめです。

それでは実際の方法を紹介していきます。

アイディアが出ない時におすすめ!ブレインストーミングとは?

ブレインストーミングとは、会議の手法の一つです。
だいたい1950年ころに生まれました。

集団でアイデアを出し合う中で、お互いに刺激をしあい、より創造的な発想を生むことが目的です。

例えば、新しい企画を生み出したい時、なかなかアイデアが出ない、新しい発想が思いつかないなど、思考の幅が狭まっている時などに、実施されてきました。

ひとりブレインストーミングのやり方

時間を区切る

メリハリをつけるためにも30分などと、あらかじめ時間を区切ることが大切です。

思いついたアイディアを紙に書き出す

思いついたアイディアを良し悪しの判断せず、どんどんと書き出していきます。これは出来そうだ、これは無理だなど気にせず書き尽くします。

整理する

次に整理する段階です。出たもの同士をまとめたり、カテゴリーで分けたりと見やすくしていきます。

順位づけし、検討する

ここで初めて、順位づけをします。ブレインストーミングの目的にそって、たくさん出たアイディアの中から順位づけをし、検討して実行するものを選んでいきます。

 

ブレインストーミングのポイント

紙に書き出すこと

思考を頭の外に出す外在化が大切です。

アイデアを紙に書き出して見える形にすることで、整理され、思考から距離を取れる、客観的に判断できる効果があります。また、外に出すことで、また新しいアイデアを生まれる余白も作れます。

途中で結論を出さない

 

自由なアイデアを生むために、そのアイデアが良いものか、実行可能かといった判断は避けます。それをやるのは最後の段階です。

量を重視する

とにかくたくさんアイデアの数を出すことが大切です。バカバカしいもの、ふざけたものも含めて、さまざまな角度からとにかく量を出します。自由な発想の中から、新たな可能性が生まれてきます。

 

ポイントは以上となります。

真っ白い大きな紙に書いていくのがおすすめです。

いろんなシートに分けて書くよりは、真っ白な大きなものの方がアイディアをまとめやすいし、見返しやすいと思います。

本日は以上です。それでは、また!