ブログ運営

macユーザーがAmazon Kindleで電子書籍を出版する方法【簡単すぎ】

こんばんは、旅する心理士ゆうちょ(@yuucho_obake)です!!

“ゆうちょ”
“ゆうちょ”
電子書籍なんて誰でも出せる時代!

とか、言いますが、本当にそうなのでしょうか?

・・・本当にそうなんです。

電子書籍の中でも、Amazon Kindleは敷居がかなり低いなと感じています。

今回は、Amazon Kindleで電子書籍を出版する方法をまとめたいと思います。

アカウントを作る

まずはKDP(Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング)のアカウント登録です。

Amazonのアカウントも必須になります。Amazonアカウントでログインして、追加情報を入力します。

pagesで文章を作成する

文章を書く

私はMacユーザーなので、「pages」というword的なポジションのもので文章を書きます。何も気にせず、普通に書けばOKです。

タイトルと見出しを設定する

該当部分を選択し、右側の「フォーマット>テキスト>段落スタイル」を選択します。

ここで設定したタイトルと見出しが目次になります。

とても便利です。

目次を設定する

カーソルを目次を入れたいところに合わせます。

メニューバーから、「挿入>目次>次の該当箇所」をクリックします。

あとは、自動で生成されます。便利。

pagesをepubファイルに変換する

ファイル>書き出す>EPUB」でファイルを変換します。

PDFとか生成するときと同じ要領です。

「表紙なし」「リフロー型」を選択し、保存場所を選択して書き出します。

*タイトルは後で変更可能

mobiファイルに変換する

次は、mobiファイルに変換します

kindle previewerを使うので、事前にダウンロードしましょう。

ついでにプレビューで文章をチェックできるので一石二鳥。文章を確認して問題なければ、「ファイル>エクスポート」でmobiを選択して出力します。

表紙を作る

さて、次は表紙の作成です。表紙には「canva」がとても便利です。

全て無料でハイクオリティな表紙が作成できます。すでにフォーマットが用意されているのも便利すぎます。

Canvaの本の表紙のサイズは、Amazon出版に使う表紙の適正サイズ範囲内になっているので、サイズ設定不要なのです。(横幅1410px高さ2250px)

canvaにログインして「本の表紙」の項目を選択すればOKです。

表紙を作成したら、ファイルの形式は「JPG」か「PNG」でダウンロードしましょう。

mobiファイルをアップロードする

KDP(Amazon Kindle ダイレクト・パブリッシング)にログインして「タイトルの新規作成→電子書籍」をクリックします。

・kindle本の詳細を入力する

・DRM→はい

・本をアップロード

・kindle本をプレビューしてチェックする

・価格設定をする

*amazon.co.jpが日本のアマゾンです。

・ロイヤリティとか選択する

これで終了です。

あとは、kidleさんの方で審査をして数時間〜24時間くらいで反映されます。